コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山吹色 やまぶきいろ

色名がわかる辞典の解説

やまぶきいろ【山吹色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、バラ科ヤマブキの花のような赤みを帯びた黄色を表す伝統色名。平安時代から使われてきた。古くは黄色を表す言葉であり、また大判、小判など金の色を山吹色とも表現する。花山吹としてかさね色目いろめの名になっており、表は朽葉色、裏は山吹など。晩春に咲き誇る花の色は美しい。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまぶき‐いろ【山吹色】

ヤマブキの花のような色。黄色。こがねいろ。
黄金。大判・小判のこと。
「―の重宝に事欠き給ふ御身ではなし」〈浄・吉野忠信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぶきいろ【山吹色】

山吹の花の色。わずかに赤みを帯びた鮮やかな黄色。
大判・小判。 「 -をまきちらすゆゑ、みな金金先生ともてはやしける/黄表紙・栄花夢」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山吹色の関連キーワードゴールデンイエローカティ・サークマリーゴールド個体変化森羅万象平安時代かとて北の錦俳諧歌賀茂泉山吹匂二つ色黄金色染め飯阿波茶唐棣色ウニ金茶赤み

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山吹色の関連情報