コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山吹色 やまぶきいろ

色名がわかる辞典の解説

やまぶきいろ【山吹色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、バラ科ヤマブキの花のような赤みを帯びた黄色を表す伝統色名。平安時代から使われてきた。古くは黄色を表す言葉であり、また大判、小判など金の色を山吹色とも表現する。花山吹としてかさね色目いろめの名になっており、表は朽葉色、裏は山吹など。晩春に咲き誇る花の色は美しい。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまぶき‐いろ【山吹色】

ヤマブキの花のような色。黄色。こがねいろ。
黄金。大判・小判のこと。
「―の重宝に事欠き給ふ御身ではなし」〈浄・吉野忠信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぶきいろ【山吹色】

山吹の花の色。わずかに赤みを帯びた鮮やかな黄色。
大判・小判。 「 -をまきちらすゆゑ、みな金金先生ともてはやしける/黄表紙・栄花夢」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山吹色の関連情報