梶山秀蔵(読み)かじやま ひでぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶山秀蔵 かじやま-ひでぞう

1837-1889 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年生まれ。常陸(ひたち)水戸の人。江戸にでて藤田東湖の門にはいる。安政5年(1858)大老井伊直弼(いい-なおすけ)の動静をさぐろうと,剃髪(ていはつ)し秀斎と名をかえて井伊家にはいり,その動きを水戸藩につたえた。のち一橋家につかえ,軍制所調役下役となった。明治22年2月20日死去。53歳。旧名は安島俊次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android