コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶山秀蔵 かじやま ひでぞう

1件 の用語解説(梶山秀蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶山秀蔵 かじやま-ひでぞう

1837-1889 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年生まれ。常陸(ひたち)水戸の人。江戸にでて藤田東湖の門にはいる。安政5年(1858)大老井伊直弼(いい-なおすけ)の動静をさぐろうと,剃髪(ていはつ)し秀斎と名をかえて井伊家にはいり,その動きを水戸藩につたえた。のち一橋家につかえ,軍制所調役下役となった。明治22年2月20日死去。53歳。旧名は安島俊次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梶山秀蔵の関連キーワードスタング(父子)マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱辞典常磐津文字太夫

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone