コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶川光 かじかわ ひかる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶川光 かじかわ-ひかる

1862-1910 明治時代の国家主義者。
文久2年生まれ。玄洋社にはいり,明治22年来島恒喜(くるしま-つねき)が大隈重信に爆弾を投じた事件にかかわり,兄の月成勲とともに投獄される。出獄後,頭山満に師事し,28年朝鮮にわたる。閔妃(ミンビ)暗殺事件に関与し,ふたたび投獄されるが無罪となる。日露戦争後は炭鉱を経営。明治43年2月死去。49歳。本姓は月成。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梶川光の関連キーワードニコラ1世新聞小説サイゴン条約黒住教シーボルトブレークブレーク日本の医学史(年表)フレーブニコフ田岡嶺雲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android