コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒火矢 ぼうびや

2件 の用語解説(棒火矢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棒火矢
ぼうびや

江戸時代の火器。古来の弓を用いず,火砲によって火薬のついた矢を射て敵陣を焼くもの。文禄・慶長の役に朝鮮水軍が使用したものから考案された。矢じり,矢羽は鉄ででき,かしの棒の周囲のみぞに火薬を埋めた矢を大筒 (おおづつ) で発射するのが普通で,射程約 2500m。明石流,三木流その他の流派があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone