コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒火矢 ぼうびや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棒火矢
ぼうびや

江戸時代の火器。古来の弓を用いず,火砲によって火薬のついた矢を射て敵陣を焼くもの。文禄慶長の役に朝鮮水軍が使用したものから考案された。矢じり,矢羽は鉄ででき,かしの棒の周囲のみぞに火薬を埋めた矢を大筒 (おおづつ) で発射するのが普通で,射程約 2500m。明石流,三木流その他の流派があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐びや【棒火矢/棒火×箭】

鉄製の筒に火薬を込めて発射した火矢江戸時代に使用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

棒火矢の関連キーワード武衛市郎左衛門大野宇右衛門三木茂太夫火矢・火箭河合重元武衛流本郷登焼夷弾鉄製砲術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android