コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森山弥七郎 もりやま やしちろう

2件 の用語解説(森山弥七郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森山弥七郎 もりやま-やしちろう

1573-1666 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)元年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。2代藩主津軽信枚(のぶひら)につかえ,高岡(弘前)築城に際して鉄材調達に尽力。寛永元年(1624)開港奉行となり,青森港を建設した。のち外ケ浜奉行,中師(ちゅうし)奉行。寛文6年2月3日死去。94歳。本姓は阿保。名は信実。通称はのち内蔵之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森山弥七郎

没年:寛文6(1666)
生年:天正1(1573)
江戸前期の弘前(津軽)藩士。近世初頭の土木建設に能力を発揮した人物。名は内蔵助信実。父は阿保中務。弘前藩2代藩主津軽信枚に仕え,高岡(弘前)築城の鉄材入手に功あり,次いで寛永1(1624)年,青森開港奉行として,青森港を建設した。のち,外ケ浜奉行。一時浪人したが,再出仕。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森山弥七郎の関連キーワード生駒利勝石河利政貝原寛斎木村亦次郎楠不伝死人小左衛門正玄多賀左近寺村山川北条氏如

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone