森山新五左衛門(読み)もりやま しんござえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森山新五左衛門 もりやま-しんござえもん

1843-1862 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)14年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩の豪商森山新蔵の長男で,示現流の剣客。父とともに西郷隆盛らの誠忠組に参加。文久2年4月23日寺田屋事件で鎮撫使(ちんぶし)とたたかい負傷,24日伏見(ふしみ)藩邸で切腹した。20歳。名は永治

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android