コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

示現流 じげんりゅう

5件 の用語解説(示現流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

示現流
じげんりゅう

剣道の一派。薩摩藩医東郷藤兵衛重位 (1561~1643) が,幼少の頃学んだ体捨流と,京都で修業した自顕流をもとに創始したもの。薩摩藩独特の剣風で,三百数十年間栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じげん‐りゅう〔‐リウ〕【示現流】

剣道の流派の一。江戸初期に薩摩藩の東郷藤兵衛重位(しげかた)が創始。飯篠長威斎神道流の分派で、薩摩藩士の大半がこれを学んだといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じげんりゅう【示現流】

剣術流派の一つ。江戸時代,薩摩(鹿児島県)地方に伝承された。その攻撃一本の実戦性と,丸棒で立木に向かって稽古する〈立木打ち〉の基本技法など,薩摩に保守的に存続した地域性は特異な存在である。流祖は,島津氏の家臣東郷藤兵衛重位(しげたか)(1561‐1643)。重位の剣の師は京都天寧寺の禅僧善吉和尚といわれる。善吉は神道流系統の天真正自顕流であったが,重位は修練と思索を重ね〈示現流〉とその名を改めた。薩摩では藩士はもちろん,士分以外の庶民にも示現流を習わせ,幕末の動乱のなかで多くの剣士が輩出し,薩摩示現流はその名を高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じげんりゅう【示現流】

剣術の一派。天正年間(1573~1592)、薩摩藩士、東郷藤兵衛重位しげかたが創始。薩摩藩士の大半が学んだ。東郷示現流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

示現流
じげんりゅう

近世薩摩(さつま)藩で行われた独特の剣法で、流祖は東郷藤兵衛尉重位(とうごうとうべえのじょうじゅうい/しげかた)(1561―1643)。重位は初め、当時九州地方に広がった丸目蔵人佐(まるめくらんどのすけ)のタイ捨流を学んだが、1588年(天正16)領主島津義久(よしひさ)に従って在京中、寺町鞍馬口(くらまぐち)の天寧寺(てんねいじ)に参禅する機会を得、そこで閑翁善吉和尚(かんおうぜんきつおしょう)(俗名赤坂雅楽助(うたのすけ))に邂逅(かいこう)し、香取神道(かとりしんとう)流系の十瀬与三右衛門長宗(とせよさうえもんながむね)を祖とする天真正自顕(てんしんじょうじけん)流の刀法を伝授された。帰国後、両者の精髄をあわせて、この一流を編み出したという。1604年(慶長9)44歳のとき、藩主家久(いえひさ)に召し出されて兵法師範となり、金剛経文にある示現神通力(じげんじんつうりき)の語をとって流名を示現流と改めた。以来、同藩の御流儀として代々家中に教授し、現在の12代重徳(しげのり)までよく相伝の技法を伝えている。また重位の門人、薬丸刑部左衛門兼陳(やくまるぎょうぶざえもんかねのぶ)(1607―89)は、実戦的な野太刀(のだち)を中心に下士・郷士層に教授し、薬丸流と称した。この流の特徴は、立木(たちき)打ちを中心とする練習方式で、斜の構えから「朝に三千、夕に三千、立木を打て」と教え、強靭(きょうじん)な臂力(ひりょく)を養うとともに、打太刀の的確さを会得させ、「一の太刀を疑わず」、生死を断じ、自他を超越し、活殺を一如とすることを要訣(ようけつ)とした。幕末・維新に活躍した中村半次郎(桐野利秋(きりのとしあき))・篠原国幹(しのはらくにもと)・奈良原喜左衛門・有村次左衛門・大山格之助(綱良)らは、この門派の出身である。なお、傍系に、1747年(延享4)日向(ひゅうが)延岡(のべおか)から常陸(ひたち)笠間(かさま)に移封となった牧野家中に伝えられた示現流がある。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

示現流の関連キーワード薩摩鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名鹿児島県薩摩郡さつま町求名鹿児島県薩摩郡鹿児島県鹿児島市城山町鹿児島県鹿児島市中央町鹿児島県薩摩川内市中郷鹿児島県薩摩郡さつま町鶴田鹿児島県薩摩郡さつま町永野鹿児島県薩摩郡さつま町広瀬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

示現流の関連情報