コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮撫使 ちんぶし

6件 の用語解説(鎮撫使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎮撫使
ちんぶし

奈良時代におかれた令外官 (りょうげのかん) 。天平3 (731) 年に初めて設置。畿内には惣管,諸道には鎮撫使がおかれ,その職掌はともに,徒党を組んで老少,貧賤を苦しめるもの,盗賊や妖言を放つもの,兵器をたくわえるものなどを逮捕,処罰することにあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちんぶ‐し【鎮×撫使】

天平3年(731)諸道に置かれた臨時の官。諸国の治安の巡察、国司・郡司の監察などを任務とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鎮撫使【ちんぶし】

731年畿内惣管(そうかん)とともに山陽・山陰・南海の3道に置かれた令外(りょうげ)官。三位・四位の議政官級の人物が任命され,随身(ずいしん)が仕えた。使の下に判官(じょう)・主典(さかん)各1人があり,任務は部内の治安維持,国司・郡司の治績の巡察などであったが,惣管と違って兵馬の徴発はできなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちんぶし【鎮撫使】

奈良時代,諸道に置かれた官。聖武天皇の731年(天平3),山陽・山陰・南海の3道に置かれ,畿内に置かれた惣管(そうかん)とともに要官が任命された。使の下に判官(じよう)・主典(さかん)各1人があり,使には随身が付せられた。惣管には兵馬の徴発権があったが,鎮撫使にはそれがなかった。その任務は,部内の治安を維持するとともに,国司・郡司の治績を巡察することにあり,おそらく当時の社会不安に対処するために設置されたものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちんぶし【鎮撫使】

奈良時代、各地の凶徒の逮捕や国司・郡司の巡察のため、国司の上に臨時に置かれた職。明治維新のときにも置かれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎮撫使
ちんぶし

奈良時代、諸道に置かれた官。聖武(しょうむ)天皇の731年(天平3)11月、山陽・山陰・南海三道に鎮撫使、畿内(きない)には惣管(そうかん)を置き、要官をこれに任命した。当時これらの地域に盗賊がおこるなどの社会不安があり、その動揺に対処するために置かれたと思われ、管内の治安維持と、国司・郡司の治績の巡察とをその職務とした。停止の年は明らかでない。この後746年4月にも七道の鎮撫使を任じたが、同年12月に廃止された。[笹山晴生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎮撫使の関連キーワード大聖武崇道天皇中衛府天平時代奈良時代総国分寺瓶原山作所駅屋守部王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone