コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮撫使 ちんぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎮撫使
ちんぶし

奈良時代におかれた令外官 (りょうげのかん) 。天平3 (731) 年に初めて設置。畿内には惣管諸道には鎮撫使がおかれ,その職掌はともに,徒党を組んで老少,貧賤を苦しめるもの,盗賊や妖言を放つもの,兵器をたくわえるものなどを逮捕,処罰することにあった。また鎮撫使は,このほかに,国司郡司治績巡察する職務が加えられ,三位または四位長官 (かみ) のもとに,判官 (じょう) ,主典 (さかん) 各1人,六位以下の文武官で構成され,兵馬徴発することは許されなかった。同 18年に廃止。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちんぶ‐し【鎮×撫使】

天平3年(731)諸道に置かれた臨時の官。諸国治安の巡察、国司・郡司の監察などを任務とした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎮撫使【ちんぶし】

731年畿内惣管(そうかん)とともに山陽山陰南海の3道に置かれた令外(りょうげ)官。三位・四位の議政官級の人物が任命され,随身(ずいしん)が仕えた。使の下に判官(じょう)・主典(さかん)各1人があり,任務は部内の治安維持,国司・郡司の治績の巡察などであったが,惣管と違って兵馬の徴発はできなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんぶし【鎮撫使】

奈良時代,諸道に置かれた官。聖武天皇の731年(天平3),山陽・山陰・南海の3道に置かれ,畿内に置かれた惣管(そうかん)とともに要官が任命された。使の下に判官(じよう)・主典(さかん)各1人があり,使には随身が付せられた。惣管には兵馬の徴発権があったが,鎮撫使にはそれがなかった。その任務は,部内の治安を維持するとともに,国司・郡司の治績を巡察することにあり,おそらく当時の社会不安に対処するために設置されたものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちんぶし【鎮撫使】

奈良時代、各地の凶徒の逮捕や国司・郡司の巡察のため、国司の上に臨時に置かれた職。明治維新のときにも置かれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎮撫使
ちんぶし

奈良時代、諸道に置かれた官。聖武(しょうむ)天皇の731年(天平3)11月、山陽・山陰・南海三道に鎮撫使、畿内(きない)には惣管(そうかん)を置き、要官をこれに任命した。当時これらの地域に盗賊がおこるなどの社会不安があり、その動揺に対処するために置かれたと思われ、管内の治安維持と、国司・郡司の治績の巡察とをその職務とした。停止の年は明らかでない。この後746年4月にも七道の鎮撫使を任じたが、同年12月に廃止された。[笹山晴生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鎮撫使の関連キーワード奈良時代(年表)亀山藩〈丹波国〉森山新五左衛門巨勢奈氐麻呂滋野井 公寿道島五郎兵衛守屋杢右衛門玄丹 かよ柴山愛次郎滋野井公寿赤座弥太郎新田部親王品川弥二郎藤原仲麻呂西園寺公望佐佐木高行東征大総督弟子丸竜助楠本 正隆平松 時厚

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android