コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森岡幸夫 もりおか ゆきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森岡幸夫 もりおか-ゆきお

?-1878 幕末-明治時代の国学者。
石見(いわみ)(島根県)津和野藩士。大国隆正(たかまさ)の門人。藩の勤王派石河正養(いしこ-まさかい)らとまじわり,京都での情報収集,近隣諸藩との連絡にあたった。維新後は神祇(じんぎ)官に出仕,宣教大主典となる。明治11年1月8日死去。通称は新五右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森岡幸夫の関連キーワード明治時代国学者

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android