コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森島敏昌 もりしま びんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森島敏昌 もりしま-びんしょう

1808-1880 江戸後期-明治時代の和算家。
文化5年1月15日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士永田有功に和算をまなび,その養子となる。のち実家の籍にもどる。門人がおおかった。明治13年2月28日死去。73歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。字(あざな)は忠告。通称は勇次郎,徳右衛門。号は簡斎。編著に「簡斎社中算艸」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森島敏昌の関連キーワード永田敏昌和算家

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android