森庸軒(読み)もり ようけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森庸軒 もり-ようけん

1814-1868 江戸時代後期の儒者。
文化11年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藩校弘道館の助教となり,彰考館修史にあたった。森儼塾(げんじゅく)の子孫。明治元年死去。55歳。名は尚蔚。(あざな)は豹卿。通称は太郎右衛門。別号に静観廬。著作に「涵養亭集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android