コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森恒夫 もり つねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森恒夫 もり-つねお

1944-1973
昭和19年12月6日生まれ。赤軍派にはいり,昭和46年京浜安保共闘と合体して連合赤軍を結成,最高幹部となる。群馬県下の山岳アジトを転々とするなかで,永田洋子とともに同志14名を粛清した。47年逮捕。自己批判し,昭和48年1月1日東京拘置所内で自殺。遺書に「銃撃戦と粛清」。28歳。大阪出身。大阪市立大中退。
【格言など】私は革命の利益から考えて,有罪であり,その罪は死刑である(「自己批判書」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森恒夫の関連キーワード連合赤軍とリンチ殺人連合赤軍事件浅間山荘事件12月6日永田洋子坂東国男公企業

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android