コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙義山 みょうぎさん

7件 の用語解説(妙義山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙義山
みょうぎさん

群馬県南西部,関東山地の北にある山。国の名勝に指定されている。赤城山榛名山とともに上毛三山呼ばれる白雲山金洞山金鶏山の 3峰からなり,最高峰は金洞山の 1104m。山体は新第三紀末に噴出した火山の一部と推定されるが,火山の全容は明らかではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みょうぎ‐さん〔メウギ‐〕【妙義山】

群馬県南西部の山。最高峰は金洞(こんどう)山で標高1104メートル。絶壁・奇岩・怪石に富む。上毛(じょうもう)三山の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

妙義山【みょうぎさん】

群馬県南西部の山(名勝)。上毛三山の一つ。金洞山(最高峰1104m),金鶏山,白雲山の3峰に分かれ,安山岩と凝灰角レキ岩からなり,浸食により屏風(びょうぶ)岩,石門,大砲岩など奇岩怪峰がみられる。
→関連項目赤城山下仁田[町]上毛三山富岡[市]松井田[町]妙義[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みょうぎさん【妙義山】

群馬県南西部にある山。赤城山榛名山とともに上毛三山と呼ばれる。甘楽(かんら)郡妙義町,下仁田町と碓氷(うすい)郡松井田町にまたがる。山体は第三紀中新世末の輝石安山岩質の凝灰角レキ岩で構成され,基盤は中新世の水成岩の富岡層群である。山体は激しく浸食され,火山岩の噴出中心位置や原地形がまったく不明で,火山と呼ぶのは不適当である。金洞(こんどう)山(1104m)から北東に白雲山(1081m),南西に金鶏山(856m)と鋸歯状の尾根が連なる表妙義と,谷急(やきゆう)山(1162m)から千駄木山(997m)に至る裏妙義があるが,とくに表妙義を妙義山という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みょうぎさん【妙義山】

群馬県西部にある山峰群。火砕岩・溶岩からなる。最高峰は相馬そうま岳(1104メートル)。浸食が進み、奇岩・怪石・絶壁に富む。上毛三山の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕妙義山(みょうぎさん)


群馬県南西部、碓氷(うすい)川南岸にそびえる岩峰群の総称。北部の相馬(そうま)岳(標高1104m)一帯を白雲(はくうん)山、南西部の朝日(あさひ)岳(同1094m)以西を金洞(こんどう)山、南東部を金鶏(きんけい)山(同856m)ともよぶ。赤城(あかぎ)山・榛名(はるな)山とともに上毛(じょうもう)三山の一つ。古い火山が浸食され、いたるところ奇岩・怪岩が露出する。北西側の妙義湖(中木(なかぎ)ダム)をへだてた谷急(きゅう)山一帯の断崖(だんがい)地は裏妙義とよばれる。妙義荒船(あらふね)佐久高原国定公園に含まれる。白雲山東麓(とうろく)に妙義神社が祀(まつ)られ、妙義温泉がわく。妙義温泉から金鶏山山腹を巡って県道が通じる。関東地方屈指の紅葉の名所。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妙義山
みょうぎさん

群馬県西部にある名山。赤城(あかぎ)山、榛名(はるな)山とともに上毛三山(じょうもうさんざん)とよばれ、また、奇岩、怪石の景勝に富むので、耶馬渓(やばけい)、寒霞渓(かんかけい)と並んで日本三大奇勝の一つにあげられる。1923年(大正12)国指定の名勝となり、1954年(昭和29)一部が県立公園になった。1969年には妙義荒船(あらふね)佐久高原国定公園にも指定されている。山体は白雲山(はくうんざん)、金洞(こんどう)山(1104メートルで最高)、金鶏(きんけい)山の三峰に分かれて鼎立(ていりつ)し、おもに硬い輝石安山岩と軟らかい凝灰角礫(かくれき)岩からなり、侵食に対する抵抗力の差異の結果、金洞山にみる屏風岩(びょうぶいわ)などの絶壁や、第一、二、三、四石門(せきもん)、大砲岩(たいほういわ)、ロウソク岩、筆頭岩(ひっとういわ)などの奇観がつくられた。「カニの横這(よこばい)」など鉄の鎖や梯子(はしご)が数か所にあり、登山コースはスリルと変化に富む。白雲山東腹の妙義大権現(ごんげん)にちなむ「大」の字は、竹を大の字形に束ね幣帛(へいはく)をつけて建てたもので、JR信越本線松井田(まついだ)駅付近の車窓からも見える。裏妙義といわれる西側の断崖(だんがい)地は険路なので訪れる者は少ない。表登山口の松井田駅から麓(ふもと)の妙義神社までタクシーで10分。県道が富岡市妙義町地区から金鶏山腹、第一石門の傍ら、中ノ岳神社を経て下仁田(しもにた)町に通じる。秋の紅葉は奇岩に映えて絶景である。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の妙義山の言及

【上毛三山】より

…古く上毛野(かみつけぬ)国と呼ばれた群馬県にある赤城山榛名(はるな)山妙義(みようぎ)山の三山の総称。関東平野北部から望むことができ,いずれも名山として古来上州の人々に親しまれてきた。…

※「妙義山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

妙義山の関連キーワード碓氷川烏川碓氷の関碓氷の馬子唄磯部[温泉]群馬県安中市安中群馬県安中市松井田〈町〉群馬県安中市松井田町坂本群馬県安中市松井田町横川

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妙義山の関連情報