コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田洋子 ながた ひろこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田洋子 ながた-ひろこ

1945-2011
昭和20年2月8日生まれ。薬剤師として病院につとめ,昭和44年京浜安保共闘に参加,46年森恒夫らの赤軍派連合赤軍を結成。群馬県榛名(はるな)山など山岳アジトでの軍事訓練,仲間12人のリンチ殺人の首謀者として47年逮捕され,平成5年死刑が確定した。平成23年2月5日東京拘置所内で病死。65歳。東京出身。共立薬大卒。著作に「十六の墓標」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

永田洋子【ながたひろこ】

新左翼運動家。東京都生れ。共立薬科大学(現,慶応義塾大学薬学部)卒業。大学在学中から政治活動に参加し,1970年に京浜安保共闘委員長となり,1971年には赤軍派と合流して結成された連合赤軍の最高幹部(森恒夫に次ぐナンバー2)となった。1971年から1972年にかけての〈総括〉による大量リンチ殺人事件などを含む連合赤軍事件の主犯として,1972年2月に森恒夫(1973年に東京拘置所で自殺)とともに逮捕された。拘置中の1984年には脳腫瘍の手術を受け,その後も事件の裁判は継続され,1993年に最高裁判所で死刑判決が確定した。しかし体調が悪化し,収容されていた東京拘置所で病死したため,死刑は執行されなかった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

永田洋子の関連キーワード連合赤軍とリンチ殺人浅間山荘事件森 恒夫坂口弘薬剤師

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永田洋子の関連情報