コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田洋子 ながた ひろこ

2件 の用語解説(永田洋子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田洋子 ながた-ひろこ

1945-2011
昭和20年2月8日生まれ。薬剤師として病院につとめ,昭和44年京浜安保共闘に参加,46年森恒夫らの赤軍派と連合赤軍を結成。群馬県榛名(はるな)山など山岳アジトでの軍事訓練,仲間12人のリンチ殺人の首謀者として47年逮捕され,平成5年死刑が確定した。平成23年2月5日東京拘置所内で病死。65歳。東京出身。共立薬大卒。著作に「十六の墓標」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

永田洋子【ながたひろこ】

新左翼運動家。東京都生れ。共立薬科大学(現,慶応義塾大学薬学部)卒業。大学在学中から政治活動に参加し,1970年に京浜安保共闘委員長となり,1971年には赤軍派と合流して結成された連合赤軍の最高幹部(森恒夫に次ぐナンバー2)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

永田洋子の関連キーワード田中静壱ドゥーマファットマンリトルボーイ三河地震ボックスカー池上清定佐々木禎子玉野知義光行次郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永田洋子の関連情報