コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森本都々子 もりもと つづこ

2件 の用語解説(森本都々子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森本都々子 もりもと-つづこ

1789-1857 江戸時代後期の歌人。
寛政元年生まれ。信濃(しなの)(長野県)飯田の酒造業森本真弓の妻。内山真竜(またつ)の門人。結婚後も夫とともに歌道にはげみ,高林方朗(みちあきら)の指導をうけた。遺著に「都々子和歌集」など。安政4年11月13日死去。69歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。本姓は川上。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森本都々子

没年:安政4.11.13(1857.12.28)
生年:寛政1(1789)
江戸後期の歌人。遠江国(静岡県)浜松の豪商川上助九郎の娘。信濃国(長野県)飯田の島田村の豪農森本真弓の妻。幼いころから和歌を内山真竜に学び,結婚後も夫と共に高林方朗や服部菅雄に和歌,国学を学ぶ。歌集のほか,夫と旅をし旅日記を残している。<著作>『夢路日記』『諏方日記』『都々子和歌集』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森本都々子の関連キーワード開善寺文康江田居中賀田秀蔭可亭高橋正翁寺内頼徳等舟野中儀蜂屋光世

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone