コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森本都々子 もりもと つづこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森本都々子 もりもと-つづこ

1789-1857 江戸時代後期の歌人。
寛政元年生まれ。信濃(しなの)(長野県)飯田の酒造業森本真弓の妻。内山真竜(またつ)の門人。結婚後も夫とともに歌道にはげみ,高林方朗(みちあきら)の指導をうけた。遺著に「都々子和歌集」など。安政4年11月13日死去。69歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。本姓は川上。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

森本都々子

没年:安政4.11.13(1857.12.28)
生年:寛政1(1789)
江戸後期の歌人。遠江国(静岡県)浜松の豪商川上助九郎の娘。信濃国(長野県)飯田の島田村の豪農森本真弓の妻。幼いころから和歌を内山真竜に学び,結婚後も夫と共に高林方朗や服部菅雄に和歌,国学を学ぶ。歌集のほか,夫と旅をし旅日記を残している。<著作>『夢路日記』『諏方日記』『都々子和歌集』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

森本都々子の関連キーワードフランス革命インドの大反乱ケクレ喜多川歌麿曲芸ベルサイユ細田栄之ルフェーブル(Georges Lefebvre)ワシントン(George Washington)アメリカ合衆国史(年表)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone