コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林開発公団 しんりんかいはつこうだん

百科事典マイペディアの解説

森林開発公団【しんりんかいはつこうだん】

未開発の民有林資源を急速かつ計画的に開発するため森林開発公団法(1956年)により設立された公団。主管省庁は林野庁。全額政府出資。三重,奈良,和歌山,徳島など特定地域に事業地区を設定し,林道の開発・改良,森林造成官行造林などの事業を行ってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の森林開発公団の言及

【水源涵養林】より

…現在,利水のために多くのダム建設が行われているが,その上流域に水源涵養林の整備をあわせて実行することは有意義である。水源林の造成,整備の実行機関として,森林開発公団や各府県の林業公社がある。これらの水源地帯は奥地の過疎地帯であるため,森林整備には多額の経費を要する。…

※「森林開発公団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森林開発公団の関連キーワードスーパー林道公社・公団緑資源機構緑資源公団治山治水分収林

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android