コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森猿男 もり さるお

2件 の用語解説(森猿男の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

森猿男

俳人。東京本所生。名は簾次郎、別号に墨南。伊藤松宇・片山桃雨らと椎の友社を結成する。また正岡子規内藤鳴雪らの参加を得て『俳諧』を創刊した。のち角田竹冷の秋声会に属した。大正12年(1923)歿、63才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森猿男 もり-さるお

1861-1923 明治-大正時代の俳人。
万延2年1月11日生まれ。明治24年伊藤松宇(しょうう)らと椎(しい)の友社をつくり,新俳句を提唱。26年正岡子規,内藤鳴雪らと「俳諧(はいかい)」を創刊,28年から角田竹冷(つのだ-ちくれい)(角田真平)の秋声会に属した。大正12年4月18日死去。63歳。江戸出身。高等商業(現一橋大)卒。旧姓は岩淵。本名は廉次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone