コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森知乗 もり ちじょう

1件 の用語解説(森知乗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森知乗 もり-ちじょう

1787-1847 江戸時代後期の尼僧,歌人。
天明7年生まれ。7歳で出家し備中(びっちゅう)(岡山県)の真如院に,2年後郷里備前(岡山県)の光明庵にはいる。木下幸文(たかふみ),小沢蘆庵(ろあん)に歌をまなび,晩年は京都にうつりすみ大田垣蓮月(れんげつ)らと交遊した。旅日記に「東行紀行」がある。弘化(こうか)4年6月10日死去。61歳。名はひさ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森知乗の関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象本因坊丈和本因坊丈和本因坊丈和恋愛小説

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone