コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大田垣蓮月 おおたがき れんげつ

美術人名辞典の解説

大田垣蓮月

幕末・明治の歌人。一説に父は伊賀上野藩主藤堂氏、大田垣光古の養女。名は誠、蓮月は号。歌道を千種有功に学び武芸にも長じる。夫と死別後、神光院月心の門に入り、尼となる。小沢蘆庵六人部是香私淑し、若き富岡鉄斎を薫陶して頼三樹三郎梁川星巌・梅田雲浜らと親交する。また手捏ねの茶器に自詠の歌を彫りつけた蓮月焼と称される陶器を作る。明治8年(1875)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおたがき‐れんげつ〔おほたがき‐〕【大田垣蓮月】

[1791~1875]江戸後期の女流歌人。京都の人。名は誠(のぶ)。夫の没後、尼となり、法名蓮月を名乗る。陶器を作り、自詠の歌を書いて生活の資としたという。歌集海人(あま)の刈藻(かるも)」がある。蓮月尼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大田垣蓮月【おおたがきれんげつ】

幕末の歌人。名は誠(のぶ)。京都の生れ。夫をはじめ肉親を次々に失い出家。蓮月尼(れんげつに)と通称される。自詠の歌を書いた陶器を焼いて生活の資とし,清廉孤高の生涯を送った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大田垣蓮月 おおたがき-れんげつ

1791-1875 江戸後期-明治時代の歌人。
寛政3年1月8日生まれ。京都知恩院の寺侍大田垣光古(てるひさ)の養女。2度むかえた夫や子供らに先だたれ文政6年出家,蓮月尼と称した。自分の歌をほりこんだ陶器蓮月焼で知られる。和歌は上田秋成,六人部是香(むとべ-よしか)にまなんだという。明治8年12月10日死去。85歳。京都出身。本姓は藤堂。名は誠(のぶ)。家集に「海人の刈藻(かるも)」。
【格言など】ねがはくはのちの蓮(はちす)の花のうへにくもらぬ月をみるよしもがな(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおたがきれんげつ【大田垣蓮月】

1791‐1875(寛政3‐明治8)
江戸末期の女流歌人。京都の人。大田垣光古(てるひさ)の養女で,もとの名は誠(のぶ)。夫に死別後,出家して蓮月と号した。蓮月尼と通称。歌をよくし小沢蘆庵の歌風を学んだ。陶器も焼きこれに自分の歌を浮き出させた蓮月焼がある。家集に《海人の刈藻(あまのかるも)》があり,村上素道編《蓮月全集》がある。〈山ざとは松の声のみ聞きなれてかぜふかぬ日はさびしかりけり〉(《海人の刈藻》)。【竹下 数馬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおたがきれんげつ【大田垣蓮月】

1791~1875) 江戸後期の女流歌人。京都の人。本名、誠のぶ。蓮月は法号。家族と死別後出家、流麗な自詠を書きつけた陶器を売り、高潔な生涯を送る。蓮月尼。著「海人の刈藻」「蓮月歌集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大田垣蓮月
おおたがきれんげつ

[生]寛政3(1791).1.8. 京都
[没]1875.12.10. 京都
江戸時代末期の歌人。本名,誠 (のぶ) 。幕末の女流歌人として野村望東尼と並び称される。父は伊賀上野の藤堂金七郎,母は京都三本木の女性といわれる。生後 10日余で知恩院寺侍大田垣光古の養女となった。 33歳の年2度目の夫古肥 (ひさとし) と死別。剃髪して蓮月尼と称した。子供に先立たれ,42歳で父を失い,清貧,孤独な生涯をおくった。父の死後,陶器を作り,自詠を書入れたものが人気を得たが,売上げは貧者に施した。小沢蘆庵に私淑,勤王家六人部是香 (むとべよしか) に入門。橘曙覧 (あけみ) と親交があり,富岡鉄斎をわが子のようにかわいがった。和歌は平明な叙景歌が得意で,書画,なぎなた,囲碁にも長じた。家集『海人 (あま) の刈藻』 (1870) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大田垣蓮月
おおたがきれんげつ
(1791―1875)

江戸末期から明治初期の歌人。寛政(かんせい)3年1月8日京都に生まれる。名は誠(のぶ)、蓮月は法名。実父は伊賀(いが)上野(三重県)の城代家老藤堂新七郎良聖(とうどうしんしちろうよしきよ)、養父は知恩院の坊官大田垣伴左衛門光古(てるひさ)。7、8歳で丹波(たんば)亀山(かめやま)(亀岡)城主松平家に奉公。のち光古の養子望古(もちひさ)と結婚したが、のち離別。1819年(文政2)光古の養子古肥(ひさとし)と再婚。蓮月33歳のとき、古肥が病死したので剃髪(ていはつ)。東山真葛(まくず)が原、洛東(らくとう)の岡崎、聖護院(しょうごいん)村、方広寺大仏のそば、北白川の心性寺、西賀茂村などに転住し、西賀茂の神光院(じんこういん)で明治8年12月10日、85歳で没した。その間、自詠の歌を彫った陶器をつくり、蓮月焼として世に知られた。若年から歌道に親しみ、上田秋成(あきなり)、香川景樹(かげき)に教えを受け、六人部是香(むとべよしか)に入門。歌風は平明温雅で、家集に『海人の刈藻(あまのかるも)』がある。高畠式部(たかばたけしきぶ)と並んで幕末京都女流歌人の代表。富岡鉄斎も若年のときに彼女の庵居(あんきょ)に遊び、また橘曙覧(たちばなあけみ)、野村望東尼(もとに)などと交わりがあった。[宗政五十緒]
 はらはらと落つる木の葉にまじりきて栗(くり)の実ひとり土に声あり
『村上素道編『蓮月尼全集』全1巻(1927・同書頒布会/増補復刻・1980・思文閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大田垣蓮月の関連キーワード海人の刈藻・海人の苅藻有村連寿尼一井倭文子与謝野鉄幹野村望東尼上田重女安東菊子1月8日高畠式部山田正秋森知乗尼藤田孝之三浦貞信さくら木久世久宝柳原安子黒田光良山田淳子森知乗清貧

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大田垣蓮月の関連情報