コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森興昌 もり おきまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森興昌 もり-おきまさ

1840-1889 明治時代の殖産家。
天保(てんぽう)11年生まれ。東京江戸川河口を浅草海苔(のり)の生産地として開発した。浅草海苔は明治15年ごろまで大森で生産されていたが,運動の結果19年河口南方の葛西浦(かさいうら)が東京府から養殖場として認可された。明治22年2月4日死去。50歳。武蔵(むさし)葛飾郡(東京都)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森興昌の関連キーワード鹿児島県曽於市末吉町南之郷橋本 省吾橋本省吾

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android