浅草海苔(読み)アサクサノリ

デジタル大辞泉の解説

あさくさ‐のり【浅草海苔】

ウシケノリ科の紅藻。アマノリ類の代表種。紅紫色で、冬から春にかけて生育する。食用として養殖。名は、江戸初期に浅草あたりの海辺からとれたからという。むらさきのり。
生のアマノリを刻み、枠に流して漉(す)き、日光で乾燥させたもの。干しのり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさくさのり【浅草海苔】

紅藻類ウシケノリ目アマノリ属の海藻。内湾の潮間帯に生じる。紅紫色の薄い膜状体で、一層の細胞層よりなる。各地で養殖され、干して食用とする。むらさきのり。あまのり。
ほしのり。 〔名の由来は、古く浅草辺りでとれたからとも、浅草で干し海苔にしたからとも〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あさくさ‐のり【浅草海苔】

〘名〙
① (江戸時代、江戸浅草付近の隅田川で養殖、または製品としたからとも、浅草観音境内で売ったからともいわれる) 干海苔(ほしのり)の総称。
※料理物語(1643)二「甘苔 ひや汁、あぶりさかな。浅草のり」
② 紅藻類ウシケノリ科の海藻。各地の海岸、特に湾内の潮間帯に生え、干海苔の原料とするため、竹、木などに付着して養殖される。体は紅紫色、または緑紫色の薄い葉状。長さ一五~二五センチメートル、幅三~一〇センチメートルほどの長楕円形、円形などで、縁に波形のしわがある。雌雄同株で雌細胞の部分は色が濃く、雄細胞の部分は色が淡い。冬の終わりに果胞子ができ、夏は貝の中などで、糸状体で過ごし、秋に再び胞子を作り、これを放出して幼体となり、冬に生長、繁殖する。あまのり。むらさきのり。かきつも。《季・春》〔本朝食鑑(1697)三〕
③ 干海苔の原料となる海藻の総称。主に紅藻類アマノリ属のアサクサノリスサビノリウップルイノリ、コスジノリなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅草海苔の関連情報