コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森類 もり るい

1件 の用語解説(森類の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森類 もり-るい

1911-1991 昭和時代後期の随筆家。
明治44年2月11日生まれ。森鴎外(おうがい)の3男。志賀直哉,佐藤春夫に師事。昭和31年「鴎外の子供たち あとに残されたものの記録」を刊行。遺族の生活を赤裸々にえがいた。ほかに小説「驟雨(しゅうう)」などがある。平成3年3月7日死去。80歳。東京出身。国士舘中学中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森類の関連キーワード桂太郎内閣ユーゴ紛争岩石区スバル畑知子世界の国旗朝鮮映画山本智美西原さおりいまどきのこども

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森類の関連情報