森類(読み)もり るい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森類 もり-るい

1911-1991 昭和時代後期の随筆家。
明治44年2月11日生まれ。森鴎外(おうがい)の3男。志賀直哉,佐藤春夫師事。昭和31年「鴎外の子供たち あとに残されたものの記録」を刊行遺族の生活を赤裸々にえがいた。ほかに小説「驟雨(しゅうう)」などがある。平成3年3月7日死去。80歳。東京出身。国士舘中学中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android