棲み分け(読み)スミワケ

デジタル大辞泉の解説

すみ‐わけ【×棲み分け】

生活様式のほぼ等しい異種の生物群が、生活空間や生活時間・時期を分け、競争を回避しながら共存する現象。ヤマメが下流に、イワナが上流にすむ例など。
銀行と消費者金融、トラック輸送と鉄道輸送と海上輸送のように競合関係にある業界が、それぞれの特色を生かすことで共存している状態。類似したものがうまく共存すること。「パソコンと携帯との棲み分けが曖昧になってきた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すみわけ【棲み分け】

〘生〙 生物界の構成原理として今西錦司が提唱した概念。近縁の二つの生物種が同じ地域に分布せず、境を接して互いに棲む場所を分けあって生存していること。生存競争による自然選択というダーウィンの進化論に対する批判の意味をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棲み分けの関連情報