コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植田有年 うえだ ありとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植田有年 うえだ-ありとし

1823-1895 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,神職。
文政6年3月21日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)金毘羅(こんぴら)の医師。同地で勤王派の美馬君田(みま-くんでん),日柳燕石(くさなぎ-えんせき)らと活動。慶応4年京都招魂社(現護国神社)設立に参加。維新後軍務官に出仕,のち教部省にはいり,東京招魂社(現靖国神社)の神職となった。明治28年9月16日死去。73歳。通称は季吉,宗平。別名に井上文郁(ぶんいく)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植田有年の関連キーワード明治時代運動家尊攘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android