コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植皮 しょくひskin grafting; skin transplantation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植皮
しょくひ
skin grafting; skin transplantation

やけどのあととか,皮膚悪性腫瘍広範囲に皮膚切除をした創面などに健常な皮膚を移植する方法。異種,同種,自家移植の3型があるが,前2者は拒絶反応のため生着せず,生体包帯的な意味で用いられている。自家移植には次の2つがある。 (1) 遊離植皮術 移植片を離断して血行を一時的に完全に途絶する植皮術。乳頭層までを含めた表皮組織を移植する表皮植皮術 (チールシュ法) ,表皮および真皮全層を移植する全層植皮術 (クラウゼ法) ,中間層植皮術などがある。 (2) 有茎植皮術 移植片の一部を離断せず茎部で血行を確保して行う植皮術。茎部が1つのものと2つのもの,有茎皮弁を筒状につくるもの (筒状植皮術) と皮弁をそのまま用いるものとがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょく‐ひ【植皮】

[名](スル)けが・やけどなどで欠損・変形した部分の皮膚に、健康な皮膚を移植すること。「やけどの跡に植皮する」「植皮術」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくひ【植皮】

( 名 ) スル
皮膚が損傷・欠損したとき、他の部分の皮膚を切り取って移植すること。 「 -手術」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

植皮の関連情報