コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚移植 ひふいしょく

2件 の用語解説(皮膚移植の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

皮膚移植【ひふいしょく】

植皮術ともいう。皮膚の欠損部を補うために,他の部分の皮膚を移植する方法。原則として自家移植。皮膚を完全に切り離さない有茎植皮術と,切り離す遊離植皮術とがある。また,後者には表皮植皮術,真皮植皮術,およびその中間的な,中央は真皮,周辺は表皮よりなる小皮片を島状に植皮する方法などがある。
→関連項目臓器バンク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひふいしょく【皮膚移植 skin graft】

やけどや外傷などによる瘢痕(はんこん)やあざなどの治療のため,その部分に健康な皮膚を移植すること。この移植のための手術を植皮術dermatoplastyという。植皮術には,血行を保ったまま,皮下組織ごと移植する有茎植皮術と,表皮あるいは真皮までの皮膚を切り取って移植する遊離植皮術とがある。前者は移植を必要とする部分に,隣接する皮膚を筋肉を含めて移動させたり,マイクロサージャリーの技術を用いて,遠隔皮膚を切り取り,動静脈を吻合(ふんごう)する方法がとられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皮膚移植の関連キーワードアンコン歯根膜炎瘢痕紫根診断書内反足斑痕やけどと皮膚がん紫雲膏瘢痕性脱毛症

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皮膚移植の関連情報