コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検断職 ケンダンシキ

デジタル大辞泉の解説

けんだん‐しき【検断職】

中世、検断のことを扱う権限をもっていた役職。
室町末期の幕府の職名。侍所の管轄下で、京都市内および周辺の検断に関する雑務を取り扱った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんだんしき【検断職】

中世、刑事裁判をつかさどる職。鎌倉・室町両幕府では侍所に所属。六波羅探題にも置かれ、また荘園領主や守護・地頭などもそれぞれの領内に私的な検断職を置いていた。けんだんしょく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

検断職の関連キーワード六波羅探題結城顕朝相馬胤頼柏木御厨結城宗広刑事裁判荘園領主相馬重胤伊賀盛光結城親朝伊賀氏地頭領内中世

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android