検潮儀(読み)ケンチョウギ

百科事典マイペディアの解説

検潮儀【けんちょうぎ】

海面の高さ(潮位)の変化を自動的に記録する器械。浮き(フロート)式と水圧式の2種類ある。前者は,海岸近くに井戸を掘り,海と細管によって連絡してそこに浮きを浮かべ,その昇降を記録する。後者は潮汐(ちょうせき)により海底の水圧が変化するのを計測する。
→関連項目潮候曲線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android