コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水位計 スイイケイ

3件 の用語解説(水位計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいい‐けい〔スイヰ‐〕【水位計】

水位を測定する装置。河川などの水位を測定する量水標や、タンクなどの液面の水位を測定する液面計がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいいけい【水位計】

水位を測る計器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水位計
すいいけい
water level gauge

河川や貯水池の水面の高さ(水位)を測定するための装置。水位計には、水中に立てた柱に目盛りを付けた水位標、水面に浮かべたフロートの動きから水位を測定するフロート式水位計、水中に設置された圧力計の水圧から水位を測定する圧力式水位計、水面の上方に取り付けた超音波送受波器で超音波が水面で反射して戻ってくるまでの時間を計測して水位を測定する超音波式水位計などがある。実験水路の流れでは、先端を尖らせた棒を下ろし水面に触れさせて水位を測定するポイントゲージが用いられる。川 登]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水位計の言及

【治水】より

…運河の開削や貯水池の設置によって,定期的な増水と,この増水がもたらす肥沃な泥土を有効に利用することが,古代以来,歴代君主の最も重要な農業政策とみなされてきた。第9,第10王朝では運河の開削が行われたことが碑文に伝えられ,第12王朝期には第2急湍付近に水位計(ナイロメーター)が設置された。イスラム時代に入ると,アスワンとフスタート近くのローダ島に水位計が建設され,ナイルの増・減水はさらに正確に計測されるようになった。…

※「水位計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水位計の関連キーワード自噴地下水面陸水警戒線自由地下水水位高水位地下水ポドゾル地下水の専用水道地下水の利用

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水位計の関連情報