コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検眼鏡 ケンガンキョウ

3件 の用語解説(検眼鏡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんがん‐きょう〔‐キヤウ〕【検眼鏡】

瞳孔(どうこう)を通して光を入れ、眼底を見る器具。
眼鏡の度を合わせるのに用いる器具。検眼器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

検眼鏡【けんがんきょう】

瞳孔(どうこう)を通して眼内に暗室灯の反射光線を送り,眼内,特に眼底を観察する器具。1851年ヘルムホルツにより創案。現在,検眼鏡の種類はきわめて多いが,倒像検査に使用されるものと直像検査に使用されるものに大別され,小孔をもった鏡またはプリズムで反射光線を眼内に送るようになっている。
→関連項目眼科眼底検査

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けんがんきょう【検眼鏡】

瞳孔に光を入れ、その反射光線で眼底の観察や屈折度の測定を行う器具。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の検眼鏡の言及

【眼底】より

…眼底はそのままでは見ることができない。瞳孔から眼内を照明しながら眼底を観察する器械が検眼鏡であり,1852年H.L.F.vonヘルムホルツによって創始された。外界の光は眼内へ入って眼底に焦点を結ぶので,これを逆にたどったものが眼底を見る原理である。…

【検眼】より

…本来は,眼が見えにくくなったときに,その原因をさぐるためにおこなわれる眼の検査一般を指す言葉であるが,現在では,(1)視力検査と眼鏡矯正のための検査,(2)眼底検査に用いる検眼鏡検査,の二つの意味に狭義に使われ,一般では(1)を指すことが多い。
[視力検査と眼鏡矯正]
 視力を測定し,近視,遠視,乱視など屈折異常の有無を調べ,屈折異常や老視(老眼)のある場合は,最適の眼鏡の度数を決定するまでの検査。…

※「検眼鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

検眼鏡の関連キーワード瞳孔暗室ランプどうこう瞳孔反射同盟休校紐通し紅灯の巷どうのこうの道光(3)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検眼鏡の関連情報