検税使(読み)ケンゼイシ

精選版 日本国語大辞典の解説

けんぜい‐し【検税使】

〘名〙 奈良時代、臨時に設置された官。諸国に出張して、正税の現物と正税帳とを照合、点検する。
※万葉(8C後)九・一七五三・題詞「撿税使大伴卿登筑波山時歌一首」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android