コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椿仲輔 つなき なかすけ

2件 の用語解説(椿仲輔の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

椿仲輔

江戸後期の国学者。通称源吾・四郎左衛門、名は千稔、号は常盤舎・南塘・寂庵。下総香取郡生。神山魚貫小山田与清門人。穂井田忠友と交遊し、歴史制度の研究に努めた。著書に『万葉集発揮』『小岐蘇日記』等がある。弘化3年(1846)歿、44才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椿仲輔 つばき-なかすけ

1803-1846 江戸時代後期の国学者。
享和3年生まれ。江戸で小山田与清(ともきよ)に国学をまなぶ。のち京都で穂井田(ほいだ)忠友らとまじわり歴史制度を研究した。弘化(こうか)3年2月4日死去。44歳。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)出身。字(あざな)は源吾。通称は四郎左衛門。号は常磐舎,南塘。著作に「万葉発揮」「小岐蘇(おぎそ)日記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone