椿仲輔(読み)つなき なかすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椿仲輔 つばき-なかすけ

1803-1846 江戸時代後期の国学者。
享和3年生まれ。江戸で小山田与清(ともきよ)に国学をまなぶ。のち京都で穂井田(ほいだ)忠友らとまじわり歴史制度を研究した。弘化(こうか)3年2月4日死去。44歳。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)出身。字(あざな)は源吾。通称は四郎左衛門。号は常磐舎,南塘。著作に「万葉発揮」「小岐蘇(おぎそ)日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android