椿実(読み)つばき みのる

  • 椿実 つばき-みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1925-2002 昭和後期-平成時代の小説家,神話研究家。
大正14年10月31日生まれ。昭和21年同人誌「葦」に参加。22年吉行淳之介らと第14次「新思潮」を創刊し,幻想的な小説を発表する。のち東京都教員となり,深川商校長などをつとめるかたわら,日本神話を研究した。平成14年3月28日死去。76歳。東京出身。東大卒。著作に「新撰亀相記の研究」「新嘗の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android