コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊慈湖 ようじこYang Ci-hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊慈湖
ようじこ
Yang Ci-hu

[生]紹興11(1141)
[没]宝慶2(1226)
中国,宋の儒者。浙江省の人。名は簡。字は敬仲。慈湖先生と称された。乾道年間 (1165~74) の進士。陸象山に学んでその学風を受け,一切の意欲を絶つことが,自己の本心を維持し,宇宙と人間の一体化を具現する道であるという禁欲主義哲学を提唱した。地方官吏としての治績も多く,邑人から父と呼ばれ尊敬された。主著『楊氏易伝』『五誥解』『甲乙稿』『慈湖詩伝』『冠記』『婚記』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の楊慈湖の言及

【楊簡】より

…字は敬仲。慈湖先生と呼ばれ,楊慈湖の称でも知られる。浙江省慈渓の人。…

※「楊慈湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android