コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊沂孫 ようぎそん Yang Yi-sun

2件 の用語解説(楊沂孫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊沂孫
ようぎそん
Yang Yi-sun

[生]嘉慶18(1813)
[没]光緒7(1881)
中国,清の書家。常熟 (江蘇省) の人。字は子与,号は詠春,濠叟。父の死後に観濠居士と号した。官は安徽省鳳陽県知県となった。書は鄧石如 (とうせきじょ) を学び,篆書 (てんしょ) を得意とし,当時の著名な書家呉大澂と並び称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようぎそん【楊沂孫 Yáng Yí sūn】

1813‐81
中国,清代後期の学者,書家。字は子与,号は詠春,濠叟,観濠居士。江蘇省常熟の人。道光23年(1843)の挙人。官は安徽省鳳陽知府にいたった。少時より李兆洛(1769‐1841)に戦国諸子を学び,書は鄧石如を尊んで篆隷(てんれい)に力を注いだ。晩年にはさらに石鼓文や鐘鼎文の筆意をとり入れ,古勁,雅練の筆致を賞された。同時の呉大澂とともに篆書をもって天下に名があり,《管子今編》《荘子正読》《観濠居士文集》など多くの著がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楊沂孫の関連キーワード関明霞丹羽盤桓子張熊畑中西山村井三益越智高洲何紹基陳澧費丹旭平井雅斎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone