コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊沂孫 ようぎそんYang Yi-sun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊沂孫
ようぎそん
Yang Yi-sun

[生]嘉慶18(1813)
[没]光緒7(1881)
中国,清の書家。常熟 (江蘇省) の人。字は子与,号は詠春,濠叟。父の死後に観濠居士と号した。官は安徽省鳳陽県知県となった。書は鄧石如 (とうせきじょ) を学び,篆書 (てんしょ) を得意とし,当時の著名な書家呉大澂と並び称された。著書に『管子今編』『荘子正読』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようぎそん【楊沂孫 Yáng Yí sūn】

1813‐81
中国,清代後期の学者,書家。字は子与,号は詠春,濠叟,観濠居士江蘇省常熟の人。道光23年(1843)の挙人。官は安徽省鳳陽知府にいたった。少時より李兆洛(1769‐1841)に戦国諸子を学び,書は鄧石如を尊んで篆隷(てんれい)に力を注いだ。晩年にはさらに石鼓文鐘鼎文筆意をとり入れ,古勁,雅練の筆致を賞された。同時の呉大澂とともに篆書をもって天下に名があり,《管子今編》《荘子正読》《観濠居士文集》など多くの著がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

楊沂孫の関連キーワード常熟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android