コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李兆洛 りちょうらくLi Zhao-luo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李兆洛
りちょうらく
Li Zhao-luo

[生]乾隆34(1769)
[没]道光21(1841)
中国,清の学者,文学者。江蘇省陽湖 (武進県) の人。字,申耆 (しんき) 。号,養一。嘉慶 10 (1805) 年進士に及第。安徽鳳台県の知事として善政をうたわれたが,やがて父の病のため辞職。その後は教育と研究に努めた。博学で特に地理,天文に詳しく,『歴代地理志韻編今釈』『大清一統輿地全図』などを著わした。また惲敬 (うんけい) ,張恵言らを継ぐ陽湖派古文の作家として,魏晋時代の駢文 (べんぶん) と散文が区分されない頃の文体で落ち着いてつやのある文章を書き,またの分野でも張恵言の常州派の一人に数えられる。ほかに『養一斉文集』『李氏五種』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

李兆洛の関連キーワード楊沂孫文学者善政及第嘉慶

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android