コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆意 ヒツイ

デジタル大辞泉の解説

ひつ‐い【筆意】

筆を運ぶときの気構え。また、書画のおもむき。ふでづかい。
詩文に現れる筆者心構え。文章のおもむき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつい【筆意】

詩や文章で表そうとするもの。詩文のおもむき。 「談笑諷諫の-に感あり/安愚楽鍋 魯文
運筆の際の心組み。書画のおもむき。ふでづかい。 「藍の色面白く-生動面のあたり/続風流懺法 虚子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筆意の関連キーワードブラッシュワーク伊都内親王願文狩野永徳山田道安大橋東堤富岡鉄斎奥原晴湖木村嘉平海北友松屏風土代寒山拾得狩野永岳漲川永海山水長巻伊藤若冲一宮長常土岐頼芸気構え楊沂孫胡公寿

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android