鄧石如(読み)とうせきじょ(英語表記)Deng Shi-ru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄧石如
とうせきじょ
Deng Shi-ru

[生]乾隆8(1743)
[没]嘉慶10(1805).10.10. 懐寧
中国,清の書家。懐寧 (安徽省) の人。名は 琰 (えん) ,字は石如。のち名を石如,字を頑伯と改めた。号は完白山人,笈遊道人。篆,隷,楷,行,草の各体の書を書き,特に篆隷にすぐれた。筆法は渾朴で力強いものであった。清代北碑派の第一人者とされる。篆刻においても一家をなし,鄧派の祖と仰がれ,篆刻の復興に努めた。印譜に,子の伝密が編集した『完白山人篆刻偶存』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐せきじょ【鄧石如】

[1743~1805]中国、清代の書家。安徽(あんき)省懐寧の人。初名は琰(えん)で石如と字(あざな)したが、のち名を石如、字を頑伯と改める。号、完白山人。篆隷(てんれい)をよくし、篆刻にも新生面を開いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうせきじょ【鄧石如 Dèng Shí rú】

1743‐1805
中国,清代中期の書家,印人。安徽省懐寧の人。初名は琰。字は頑伯,号は完白,笈遊山人。幼時から刻技を好んだが,やがて印や書を売り生計をたて,諸国を歴遊しながら金石の善本を臨摹(りんも)研究し,見識を深めた。書は篆隷(てんれい)書の復古運動の先駆者として豪毅高古の風格をたて,碑学派の雄と称される。また篆刻は剛健,渾厚な風により浣派の祖といわれ,近代新風の起点となった。《鄧石如印存》などの集がある。【角井 博】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石如
とうせきじょ
(1743―1805)

中国、清(しん)代中期の書家。安徽(あんき)省懐寧の人。初名は(えん)、石如と字(あざな)していたが、のちに石如を名として字を頑伯と改め、故郷にそびえる皖公山(かんこうざん)の皖の字を二分して完白山人と号した。家は貧しく、ほとんど独学で勉強し、生涯仕官することなく、各地を遊歴しながら書と印とを売って暮らした。その書は、30代の8年間、江寧(南京(ナンキン))の梅鏐(ばいりゅう)の家に寄寓(きぐう)し、日夜を尽くして古碑帖(じょう)を研究したことによって基礎を定めた。各体をよくしたが、ことに彼が復興した篆隷(てんれい)は清朝第一と称せられ、豪毅渾厚(ごうきこんこう)で風韻が高い。篆刻も漢印の精神を再生して新しい雄渾な刻風を樹立し、近代篆刻の大宗と仰がれ、弟子の包世臣(ほうせいしん)らにより碑学派の祖とされて後世に多大な影響を与えた。作品集に『完白山人篆刻偶存』『完白法書選集』などがある。[筒井茂徳]
『中田勇次郎編『書道芸術10 石如他』(1972・中央公論社) ▽『書跡名品叢刊165 白氏草堂記』(1971・二玄社) ▽『書跡名品叢刊196・197 敖陶孫詩評』(1975・二玄社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鄧石如の言及

【書】より

… 考証学の一環として金石学が勃興すると,金石文を単に学問の対象としてだけではなく,書作にもそれを応用するという動きが生じ,篆隷や金文に新生面が開かれることになった。学者では銭大昕(せんだいきん),桂馥(けいふく),銭坫(せんてん)らが金石文を応用した書を書き,書家では鄧石如(とうせきじよ),伊秉綬(いへいじゆ),陳鴻寿(ちんこうじゆ)らが出て,碑学派に先鞭をつけた。これを碑学前期とよぶ。…

【篆刻】より

…この石章独特の美を開いた刻風は後世に大きな影響を及ぼしている。〈鄧派〉の鄧石如は清朝第一と評された書法上の造詣により,その刻印は剛勁渾朴,豊満円潤で一派を創始し,その弟子の呉廷颺(ごていよう)(熙載)は碑版の源流に対して深く研究し,それに見られる刀法を刻印にまじえて流麗優雅な篆刻の新天地を開いて,印壇の老化現象を改めた。 清代後期,各派それぞれがマンネリ化したとき,趙之謙が出て,鄧派・浙派を兼ねて学ぶとともに,篆刻の領域を秦・漢・六朝の諸文字資料にまで広げた。…

※「鄧石如」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android