楊貴妃桜(読み)ヨウキヒザクラ

デジタル大辞泉の解説

ようきひ‐ざくら〔ヤウキヒ‐〕【×楊貴妃桜】

サトザクラの一品種。花は八重で4月ころ咲き、花びらは淡紅色であるが先端は濃紅色。奈良興福寺の僧玄宗がめでたことからの名という。 春》「むれ落ちて―尚あせず/久女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようきひざくら【楊貴妃桜】

サトザクラの一品種。花は大きく淡紅色で、八重咲き。楊貴妃。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ようきひ‐ざくら ヤウキヒ‥【楊貴妃桜】

〘名〙 サトザクラの園芸品種。花は淡紅色で外部は色濃く、径五センチメートルぐらいの八重咲き。芽は淡茶色。楊貴妃。《季・春》
※多聞院日記‐天正一九年(1591)二月九日「やうきひ桜のかきけつこうに仕了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android