コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊貴妃桜 ヨウキヒザクラ

デジタル大辞泉の解説

ようきひ‐ざくら〔ヤウキヒ‐〕【×楊貴妃桜】

サトザクラの一品種。花は八重で4月ころ咲き、花びらは淡紅色であるが先端は濃紅色。奈良興福寺の僧玄宗がめでたことからの名という。 春》「むれ落ちて―尚あせず/久女

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようきひざくら【楊貴妃桜】

サトザクラの一品種。花は大きく淡紅色で、八重咲き。楊貴妃。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

楊貴妃桜の関連キーワード八重咲き楊貴妃

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android