里桜(読み)サトザクラ

大辞林 第三版の解説

さとざくら【里桜】

ヤマザクラ系を主とした桜の栽培品種の総称。花は大きく、一重または八重咲きで、オオシマザクラの影響が著しい。ヤエザクラ・ボタンザクラといわれるものの大部分が含まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

里桜 (サトザクラ)

学名:Prunus lannesiana var.lannesiana
植物。バラ科の落葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さと‐ざくら【里桜】

〘名〙 バラ科の落葉高木。観賞用に各地の庭園や公園などに植えられる。幹は高さ七メートルぐらいになる。枝は太く、斜上する。葉は倒卵形で先はとがり、縁には芒状にのびる鋸歯(きょし)がある。四月下旬から五月上旬、若葉と同時に大形の花を開く。花はふつう八重咲きだが、まれに一重のものもある。花色は品種によって白色から濃紅色、時には淡黄緑色のものもある。一般に花には芳香があり、塩漬けにされる。おびただしい品種がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里桜の関連情報