コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠木光正 くすのき みつまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠木光正 くすのき-みつまさ

?-1429 室町時代の武将。
楠木正成(まさしげ)一族の家系か。将軍足利義教(よしのり)の暗殺をはかり,発覚してとらえられ,永享(えいきょう)元年9月24日京都六条河原で処刑された。辞世漢詩と和歌をのこしたと「看聞御記(かんもんぎょき)」につたえられる。通称は五郎左衛門尉。法名は常泉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楠木光正の関連キーワード楠木正成室町時代

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android