コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠本正隆 くすもと まさたか

2件 の用語解説(楠本正隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠本正隆 くすもと-まさたか

1838-1902 幕末-明治時代の武士,官僚,政治家。
天保(てんぽう)9年3月20日生まれ。肥前大村藩(長崎県)の勤王派中老として活躍。維新後は新潟県令となり,名地方官として知られる。明治10年東京府権(ごんの)知事,23年衆議院議員(当選4回,進歩党),26年衆議院議長。都新聞社主,社長もつとめた。明治35年2月7日死去。65歳。号は西洲。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楠本正隆

没年:明治35.2.7(1902)
生年:天保9.3(1838)
明治時代の政治家。肥前大村藩(長崎県)藩士。号は西洲。幕末期,藩の中老として藩政の中枢にあって,藩論をまとめつつ薩長両藩に接近をはかった。王政復古後,新政府の徴士,長崎裁判所判事となる。明治3年,外務権大丞となったが,5年新潟県令に就任。3年間の在任中,区中会議や区会さらに県会を設置して府県会の先駆けをなしたり,銀行を開設したり信濃川の水運事業をおこすなど大いに実績を挙げた。8年,東京府権知事,10年同知事に就任し,道路・橋梁の整備,府税改革,市区改正事業などで功績を残した。12年,元老院議官。22年東京市会議員。23年衆院議員に当選。26年衆院副議長,さらに同年議長となった。衆議院では,当初無所属であったが,第9議会より進歩党に属した。29年男爵となり,議員を辞した。

(西尾林太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楠本正隆の関連キーワード稲田又左衛門大村純雄大村純信大村純尹大村純保北村修蔵滝口松嶺十九貞衛中尾静摩渡辺巌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楠本正隆の関連情報