コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠瀬熊治 くすのせ くまじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠瀬熊治 くすのせ-くまじ

1865-1933 明治-大正時代の工学者,軍人。
慶応元年5月15日生まれ。海軍省にはいり,フランスに留学。大正8年東京帝大教授,10年海軍火薬廠長。造兵中将。東京帝大で火薬性能を研究するかたわら,海軍省で高爆薬を完成し,無煙火薬の安定度試験法を開発した。昭和8年6月17日死去。69歳。土佐(高知県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楠瀬熊治の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone