コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢原陳政 ならはら のぶまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢原陳政 ならはら-のぶまさ

1862-1900 明治時代の外交官。
文久2年生まれ。妻は西郷従道(つぐみち)の次女。明治15年清(しん)(中国)にわたり漢学をまなぶ。23年イギリス公使館書記生としてロンドンにいく。32年北京の日本公使館二等書記官となるが,義和団の乱で負傷し,明治33年7月24日死去。39歳。江戸出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

楢原陳政

没年:明治33.7.24(1900)
生年:文久2(1862)
明治時代の外務官僚。江戸出身幕臣楢原儀兵衛の長男。維新後井上陳光の養子となったが,のちに復籍した。明治10(1877)年政府印刷局勤務の一方,清国公使館で中国語を学ぶ。その後杭州の兪楼で勉学,23年公使館書記生として渡英,エジンバラ大に学んだ。帰国後日清戦争の講和会議で通訳を務め,その後北京の日本公使館通訳官,32年2等書記官となった。明治33年義和団の乱に粛親王府を防御中に負傷し,破傷風によって死亡した。<著作>『西行日記』『支那内治要論』『清国商況視察復命書』<参考文献>米沢秀夫「楢原陳政」(『江南雑記』)

(波多野勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

楢原陳政の関連キーワード外交官

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android