コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢原陳政 ならはら のぶまさ

2件 の用語解説(楢原陳政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢原陳政 ならはら-のぶまさ

1862-1900 明治時代の外交官。
文久2年生まれ。妻は西郷従道(つぐみち)の次女。明治15年清(しん)(中国)にわたり漢学をまなぶ。23年イギリス公使館書記生としてロンドンにいく。32年北京の日本公使館二等書記官となるが,義和団の乱で負傷し,明治33年7月24日死去。39歳。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楢原陳政

没年:明治33.7.24(1900)
生年:文久2(1862)
明治時代の外務官僚。江戸出身幕臣楢原儀兵衛の長男。維新後井上陳光の養子となったが,のちに復籍した。明治10(1877)年政府印刷局勤務の一方,清国公使館で中国語を学ぶ。その後杭州の兪楼で勉学,23年公使館書記生として渡英,エジンバラ大に学んだ。帰国後日清戦争の講和会議で通訳を務め,その後北京の日本公使館通訳官,32年2等書記官となった。明治33年義和団の乱に粛親王府を防御中に負傷し,破傷風によって死亡した。<著作>『西行日記』『支那内治要論』『清国商況視察復命書』<参考文献>米沢秀夫「楢原陳政」(『江南雑記』)

(波多野勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楢原陳政の関連キーワード新官僚外務卿関口隆吉安藤太郎(1)塩田三郎高橋桜州三橋信方矢野二郎吉田要作竹内行夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone