コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢崎剛十郎 ならざき ごうじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢崎剛十郎 ならざき-ごうじゅうろう

1838-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩家老毛利隠岐(おき)の家臣。文久3年九州諸藩の情勢をさぐり,帰藩後奇兵隊にはいる。元治(げんじ)元年禁門の変で敗走。第二奇兵隊の書記兼参謀をつとめるが,強行挙兵の立石孫一郎らと争いとなり,慶応2年4月4日きられた。29歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は義綱。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楢崎剛十郎の関連キーワード天保

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android