コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢崎弥八郎 ならざき やはちろう

2件 の用語解説(楢崎弥八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢崎弥八郎 ならざき-やはちろう

1837-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年7月12日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい),大橋訥庵(とつあん)にまなび,尊王攘夷(じょうい)の志をいだく。文久3年政務役となり,禁門の変のあと,藩内で幕府恭順派が実権をにぎると捕らえられ,同志とともに元治(げんじ)元年12月19日刑死した。28歳。名は清義。号は節庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楢崎弥八郎

没年:元治1.12.19(1865.1.16)
生年:天保8.7.12(1837.8.12)
幕末の長州(萩)藩士。尊攘運動に参加。久坂玄瑞らと長井雅楽攻撃を進める。文久3(1863)年藩の要路に上ったが,第1次長州征討下に誕生した佐幕派の藩庁により処刑された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楢崎弥八郎の関連キーワード安藤杢之進今中作兵衛小川椙太小野金吾島田勝摩世木騎六瀬口三兵衛藤村太郎森通寧渡辺宗助

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone