コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢崎弥八郎 ならざき やはちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢崎弥八郎 ならざき-やはちろう

1837-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年7月12日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい),大橋訥庵(とつあん)にまなび,尊王攘夷(じょうい)の志をいだく。文久3年政務役となり,禁門の変のあと,藩内で幕府恭順派が実権をにぎると捕らえられ,同志とともに元治(げんじ)元年12月19日刑死した。28歳。名は清義。号は節庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

楢崎弥八郎

没年:元治1.12.19(1865.1.16)
生年:天保8.7.12(1837.8.12)
幕末の長州(萩)藩士。尊攘運動に参加。久坂玄瑞らと長井雅楽攻撃を進める。文久3(1863)年藩の要路に上ったが,第1次長州征討下に誕生した佐幕派の藩庁により処刑された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

楢崎弥八郎の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)ベルニー辞典スウィンバーンフォーレエルンスト・アウグスト1世マンウィリスコンスタブルコワニエ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone