コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢崎彰一 ならさき しょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢崎彰一 ならさき-しょういち

1925-2010 昭和後期-平成時代の考古学者。
大正14年6月27日生まれ。昭和53年名大教授,のち名古屋学院大教授。専攻は日本陶磁史。愛知県猿投山麓をはじめ常滑,瀬戸,越前などの古窯跡を調査・研究。55年第1回小山冨士夫記念賞功績褒賞。平成22年1月10日死去。84歳。大阪出身。京大卒。著作に「三彩緑釉灰釉」,編著に「日本の陶磁|古代・中世篇」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楢崎彰一の関連キーワード渥美焼瀬戸焼美濃焼須恵器窯址

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android