コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢林栄建 ならばやし えいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢林栄建 ならばやし-えいけん

1800-1875 江戸後期-明治時代の蘭方医。
寛政12年5月生まれ。楢林宗建の兄。シーボルトにまなび,佐賀藩医となる。のち家督を弟にゆずって京都で開業し,種痘法をひろめる。維新後,京都府の種痘医となった。明治8年11月25日死去。76歳。肥前大村(長崎県)出身。名は高秀,恭。字(あざな)は子良。号は静山,椿陰。著作に「掌中医方」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楢林栄建
ならばやしえいけん
(1801―1875)

蘭方医(らんぽうい)。長崎の蘭方医楢林栄哲(高連)の長男。名は恭(初め栄祐)、字(あざな)は子良、号は静山・椿陰、諱(いみな)は高秀。町年寄高島秋帆(しゅうはん)(1798―1866)と親しく、シーボルトに師事。牛痘苗を1839年(天保10)に入手、弟宗建とその普及に尽くした。秋帆の禁固事件の連累を避け、1842年上洛(じょうらく)。門人日野鼎哉(ていさい)宅に寄寓(きぐう)、のち洛北、大津、さらに京都へ移り富小路(とみのこうじ)三条上ルに開業。新宮凉庭(しんぐうりょうてい)らとも交遊。著作に『西洋火薬表』『西洋軍艦表』『掌中医方』などがある。没後、京都東大谷に葬られ、のち東山区縄手三条三縁寺に移葬された。[末中哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楢林栄建の関連キーワード小石中蔵佐藤泰然三宅艮斎明治時代湊長安蘭方医

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android