コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野鼎哉 ひの ていさい

2件 の用語解説(日野鼎哉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野鼎哉 ひの-ていさい

1797-1850 江戸時代後期の蘭方医。
寛政9年生まれ。帆足万里(ほあし-ばんり),シーボルトにまなぶ。天保(てんぽう)4年京都で開業。嘉永(かえい)2年長崎から痘苗を入手して牛痘接種を実施し,除痘館を設立して種痘の普及につとめた。嘉永3年5月24日死去。54歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。号は暁碧,蔭香。著作に「白神除痘弁」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野鼎哉
ひのていさい
(1797―1850)

江戸末期の蘭方(らんぽう)医。豊後(ぶんご)国(大分県)の人。暁碧、蔭香と号した。初め郷里で帆足万里(ほあしばんり)に師事した。1824年(文政7)長崎に行き、シーボルトにオランダ医学を学んだ。のち京都で開業。弟子の笠原良策(かさはらりょうさく)(白翁)とともに牛痘種痘の実現を図っていたが、1849年(嘉永2)長崎のオランダ商館医モーニケが牛痘苗の接種に成功すると、日野はその痘苗(モーニケ苗)を入手し、京都で孫や懇意の人の子に接種して植え継ぐことに成功した。同年、京都新町に除痘館を開き、牛痘接種を行った。また日野の植え継いだ痘苗は笠原良策により越前(えちぜん)国(福井県)に、緒方洪庵(おがたこうあん)により大坂に分苗され、それぞれ普及された。著書に『白神除痘弁』がある。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日野鼎哉の関連キーワード橋本宗吉五十嵐又碩江馬松斎小森宗二杉田恭卿杉山帰一広川獬十束井斎西島俊庵三谷泰作

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone