業火(読み)ごうか

精選版 日本国語大辞典「業火」の解説

ごう‐か ゴフクヮ【業火】

〘名〙 仏語。
地獄罪人を焼く猛火。転じて、はげしい火、炎。
太平記(14C後)一五「業火(ゴウくゎ)盛に燃て修羅の闘諍四方に聞ゆ」 〔大般涅般経‐上〕
② 身を滅ぼす悪業を火にたとえていう語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「業火」の解説

業火

米国の作家パトリシア・コーンウェルの小説(1998)。原題《Point of Origin》。検屍官スカーペッタが牧場火災事件で発見された死体に挑む、「検屍官ケイ」シリーズ第9作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「業火」の解説

業火
ごうか

仏教用語。自分の行なった悪業の報いによってしめられることを,火に焼かれるのにたとえていう。また,地獄で罪人が焼かれる火をさす場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「業火」の解説

ごう‐か〔ゴフクワ〕【業火】

悪業が身を滅ぼすことを火にたとえていう語。
地獄の罪人を苦しめる猛火。激しい炎や大火のたとえにもいう。「業火の責め苦」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android