コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業火 ごうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

業火
ごうか

仏教用語。自分の行なった悪業報いによって苦しめられることを,火に焼かれるのにたとえていう。また,地獄罪人が焼かれる火をさす場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごう‐か〔ゴフクワ〕【業火】

悪業が身を滅ぼすことを火にたとえていう語。
地獄の罪人を苦しめる猛火。激しい炎や大火のたとえにもいう。「業火の責め苦」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

業火

米国の作家パトリシア・コーンウェルの小説(1998)。原題《Point of Origin》。検屍官スカーペッタが牧場火災事件で発見された死体の謎に挑む、「検屍官ケイ」シリーズ第9作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごうか【業火】

罪人を焼く地獄の火。
悪業が身を害することを火にたとえていう語。
はげしい火災。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

業火の関連キーワード仰・凝・尭・形・暁・曉・業・行・驍ニトログリセリン地獄(宗教)ダイナマイトスーフィズムイタリア文学加藤 東一山村 耕花工業雷管山村耕花石井敏弘検定爆薬猛火檜垣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

業火の関連情報